和のかんざし


かんざしと言えば「和」ですが、昨年は、洋のかんざしを意識して作っていました。

今年は、和のかんざしを、すでにあるかんざしから習ってみました。

元とはかなり変わってしまったというか、自分なりのものになってしまいましたが、基本に戻るという意味でも重要かなと思ってます。

しかしなんといっても陶。どう焼きあがるかで随分違ってくるはずです。

磁器土を使いました。

春の登り窯に入れればいいな、と期待をしているところです。


d0247096_22515166.jpg
磁器土で

d0247096_22521756.jpg
和のかんざしを作りました

d0247096_22524634.jpg
これから素焼き 春の本焼きが楽しみです

d0247096_22531748.jpg


[PR]
# by keiko-pottery | 2018-03-15 22:53 | 作陶 | Trackback | Comments(0)

梅がこぼれた 和の湯飲み


年明けから、粘土調整と轆轤が続いています。

しばらくは、ひたすら轆轤を回します。

それも今年は「和」から。基本、伝統物が続きます。

たっぷりとした湯飲み。女性らしいフォルムですが、どっしりとしています。大胆に、割り高台にしました。


梅が一輪こぼれてきた。


焼成の炎で、よりワイルドになることを期待して。


d0247096_01210680.jpg


d0247096_01213159.jpg
先週の雪模様




[PR]
# by keiko-pottery | 2018-03-03 01:23 | 作陶 | Trackback | Comments(0)

今年の轆轤は


手びねりが続いていたので、今年最初の轆轤を回すことにしました。


乾燥しはじめていた粘土を調整して、最初の轆轤で今年初は、、、抹茶茶碗です。

ちょっとしたテーマが自分の中にあります。

どっしりとした中に、優しい線をつくる。

いざ作ってみると、どうも思ったより福々しいものに出来上がりました。

しかも浅めです。料理が盛れそうな。


もう少し深めのものに再挑戦。


d0247096_18344525.jpg


d0247096_18350947.jpg


d0247096_18354119.jpg

さて、焼きでどうなるか楽しみです。


d0247096_18375526.jpg



[PR]
# by keiko-pottery | 2018-02-10 18:38 | 作陶 | Trackback | Comments(0)

平泉展に行ってきました


『第30回記念 平泉展』の初日に行ってきました。

1月24日(水)~2月5日(月)、東京・六本木・国立新美術館 1階展示室1Aです。


今回は、陶のアクセサリーを出展しました。

150cm X 75cmの展示台ということで、器もオブジェとして展示しました。

白が新春らしくていいかと。


ほぼ予定通りに飾られていました。展示方法を考えるのは、パズルのようでした。作品数が多いのでたいへんです。

アクリル板のカバーをしてあるので、もう動かせません。


器 12点、かんざし 10点、ネックレス 9点、イヤリング 2点、指輪 18点、ブローチ 3点 の計 54点でした。

会場が広いからか、並べてみるとそんなに多く感じられませんね。


d0247096_21263538.jpg

d0247096_21265098.jpg


朝から30年来の友人、まきこさんが見に来てくださいました。(残念ながら写真なし。ゴメンナサイ。)


午後から10年来の友人、みかさんが来てくださいました。


d0247096_21171408.jpg

d0247096_21173560.jpg

d0247096_21174833.jpg

夕方から妹と姪が来てくれました。


d0247096_21182332.jpg

d0247096_21183703.jpg

来てくださった方々、ありがとうございました。

展示を見てみると、絵画が多いですが、ステンドグラス、染色なども。小学生の絵がなんともいいですね。


2月5日まで開催中です。ぜひご覧ください。


d0247096_21191766.jpg


[PR]
# by keiko-pottery | 2018-01-31 21:21 | 作品展 | Trackback | Comments(0)

新春の、、、




昨年末から作りはじめたオブジェです。

年が明けてから焼成しました。

新春に相応しい色かな? いい色に焼けました。


d0247096_20061286.jpg
森のイメージで

d0247096_20062944.jpg

d0247096_20064604.jpg
花のぐい吞み または 小鉢

d0247096_20065952.jpg
てんとう虫のサンバ? これも小皿として使えそうな



[PR]
# by keiko-pottery | 2018-01-17 20:09 | 作品 | Trackback | Comments(0)

小椋 恵子  Keiko Ogura’s POTTERY  宮城県仙台市在住  メール keiko-o@za.cyberhome.ne.jp


by keiko-pottery
プロフィールを見る
画像一覧