謎の釉薬の結果は、、、。 高前田乾隆窯

先週、謎の釉薬の本焼きが出来ました。
冒険をしたテストタイルは 冒険をしすぎました。ちょっとがっかり。おもわくと違いました。さらに試行錯誤が必要です。

磁器に謎の釉薬を施した指輪の「フラワー」は 色の濃淡が出てまずまずの出来です。釉薬の下にエッセンスも施してあります。優しい色合いの出来ではないでしょうか。雲がふわふわ浮いた水色の空。
一個はリングに仕上げました。
d0247096_184010.jpg
底面をきれいにして リングになります

d0247096_19831.jpg
小さい方はさっそくリングに仕上げました

(写真の作品は 10月の陶芸展で展示・販売します。どうぞお越しください。)

前の日曜日 気仙沼・高前田乾隆窯の登り窯の修理が終わったと聞いて行って来ました。
前面に補強の鉄筋の太いのが加わったそうです。側面のアーチ部分もきれいにあたらしいレンガが入っていました。登り窯はやはり前の方に重みがかかるとのこと なるほど、、、。
この登り窯での焼きも気になるところです。修理前とは随分ちがってくるという話です。期待です。

d0247096_1102699.jpg
高前田乾隆窯訪問

d0247096_111754.jpg
太い補強の鉄筋が一本増えました

d0247096_1115568.jpg
側面もきれいにレンガが並びました

今月 焼き上がり見れそうです。
[PR]
by keiko-pottery | 2011-08-08 01:25 | 作陶

小椋 恵子  Keiko Ogura’s POTTERY  宮城県仙台市在住  メール keiko-o@za.cyberhome.ne.jp


by keiko-pottery
プロフィールを見る
画像一覧