<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「羽黒の山に舞い降りた陶」展 〜和とPOP〜(鶴岡)のご案内


猛暑から一転、秋空が広がった仙台地方です。
窯を焼くのにも、熱風が入ってくると家族に言われましたが、窯は密閉型なので、熱風は入ってこないはず。世間が暑すぎて、気分的に暑く感じる? そう、気のせいです。

『日本海側を旅する陶展』の2回目を開催します。山形県鶴岡市の羽黒の森です。鶴岡は文化的な町。常に興味を惹かれます。
月山の紅葉の季節に合わせました。自然たっぷりの中の私設美術館での陶展です。ぜひお越しください。




小椋 恵子

「羽黒の山に舞い降りた陶」展
~和とPOP~


     2018. . 15(土)~9. 24(月)

10:00~16:00

   〈9月18日(火)休館〉

  

羽黒・芸術の森-今井アートギャラリー

997-0125山形県鶴岡市羽黒町仙道字一本松5-175

Tel&Fax 0235-62-3667




d0247096_14215001.jpg


d0247096_14220471.jpg


[PR]
by keiko-pottery | 2018-08-17 19:50 | 作品展

2回目の熱線交換中

d0247096_10272323.jpg

d0247096_10274697.jpg

d0247096_10284216.jpg


まだまだ残暑のきつい仙台です。

電気窯の熱線は、100回の焼成を目安に交換しています。

昨年、2回目の交換時期が来たのですが、熱線を取り寄せたら「まだ温度が上がっているなら、使えます」ということで、そのまま使っていました。

先ほど、142回目の焼成、素焼きで700度まで上がるのが遅くなりました。運転音も大きくなってきたので、交換しました。
熱線をペンチで引き抜くと、すでにバラバラになりました。

1日がかりで交換しました。



この電気窯、購入してから267回の運転をしています。

いつも、追い込みフル稼働中に交換時期が来て慌てます。


もうすぐ、初秋の陶展のご案内をいたします。

[PR]
by keiko-pottery | 2018-08-14 10:26 | 陶芸よもやま話

小椋 恵子  Keiko Ogura’s POTTERY  宮城県仙台市在住  メール keiko-o@za.cyberhome.ne.jp


by keiko-pottery
プロフィールを見る
画像一覧